読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近読んで印象に残ったもの

Is posting support for Paris on Facebook narcissistic, or heartfelt? - The Washington Post

本当のプロはネットや資料で情報を見るだけでも分析できますが、それも一度は現地を見た経験があるからこそです。それに中南米は気さくな人ばかりで、すぐに友だちができて楽しいですよ(笑)。ただし治安には十分気をつけて、一人では行かないように。せっかく行くなら、ただの観光ではなく留学やスタディツアーを利用して、現場をぜひ間近で見てきてください」
愛を、正義を訴える人は、それをあまりに純粋に求めることで、逆に、誰かがやるしかないとあえて「美しくない」仕事を引き受けてきた人たちへの想像力をなくしてしまう。愛と正義を掲げて残虐な行為をくり返す人たちを、私たちは歴史の中で何度も見てきた。
ニューヨークの法律では、安全で適切な場所であれば親が赤ん坊を置き去りにしても罪には問われない。
パリとシリアとイラクとベイルートの死者を悼む | 酒井啓子 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
イギリスやフランスから「イスラーム国」に合流しようとした若者に、その動機を聞くと、多くが「シリアでアサド政権の弾圧に苦しむ人々のために、なんとかしたい」と答えている。
Rob Rogers



比喩をめぐる質問に「比喩は人にショックを与えないと意味がない。比喩は書いている人の世界観がよくわかる。人格が伝わらない比喩は比喩ではないが、あまりとっぴなものも意味がない。ちょっと段差があるものがいい」とアドバイスするなど、気さくにやりとりを重ねた。

f:id:nov14b:20151201070448j:image

f:id:nov14b:20151201070601j:image

f:id:nov14b:20151201070630j:image
f:id:nov14b:20151201070719j:image