2016鹿児島

f:id:nov14b:20160111152440j:image
HNDKOJ✈️?

黒豚の館
でトンカツを食べて

f:id:nov14b:20160111153040j:image

f:id:nov14b:20160111153122j:image
f:id:nov14b:20160111153146j:image
神話の里公園という謎なトコロで遊んだあと

天然の泥パックが楽しめるさくらさくら温泉へ

夜はかごっま屋台村
で美味しい鳥や豚やらをいただいた


2日目
これから「征く」人たちが愛する人や母親、妹弟に宛てた手紙はどれも泣けるんだけど
「無性に会いたい、話したい」という言葉
小さい子供たちに向けて、すべてカタカナで書かれた手紙
それから、「権力主義全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも、必ずや最後には敗れることは明白であると思います 」というメッセージがすごくすごく印象に残った
驚いたのは、どの人もすごく字がきれいだったということ。海底から引き上げられた零戦は戦争の悲惨さを物語っていて、ホテル戻って「ひこうき雲」聴いて静かに泣いた

f:id:nov14b:20160111153909j:image
お魚センターみたいなところで腹ごしらえ。名物のカツオを食らう

f:id:nov14b:20160113182436j:image
f:id:nov14b:20160113182511j:image
鳥居から、釜の蓋を頭に乗せて落とさず進む。その名も「釜蓋神社」。おかしな光景なんだけど、有名な神社のようでサッカー選手の澤さんとかの色紙が飾られていた
 
指宿では天然の砂風呂が楽しめる。人生初めての砂風呂は、さざ波を聞きながら温まることができて心地よかった

よる、奄美大島の郷土料理などを食べる

3日目
国の特別名勝にいった。そこのおみやげ屋さんで見つけた屋久杉の判子を注文。届くのが楽しみ
 
お昼はなんだか有名そうな高級感あふれる牛のステーキを食べて、解散!


真面目に国内旅行して、すごくたのしかった。
f:id:nov14b:20160113183020j:image