読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呪文

f:id:nov14b:20160122075344j:image


各紙の書評に「最近増えるディストピア系の小説」として紹介されていたけれど、ディストピアって括るには大雑把すぎるかなあ。新聞記者経験がある作者らしい、というのは先入観だったかもしれない。読み進めるうちに、こんな小説を書いた作者が憎らしくなっていくんだけど、物語の終盤では、この人が何を言わんとしているのかが、ひしひしと伝わってきた。私には、「生きるのは死ぬよりもつらいけれど、とにかく死ぬな、生きろ」と言われているように感じた。